司法書士受験生のブログ

挫折と諦めと地獄

西武秋山選手が
ソフトバンクにいったら恐ろしい

2019 - 10 - 30

西武ライオンズ秋山翔吾外野手が、10月29日海外フリーエージェント(FA)権の行使を表明する。

ここ数年、投手とは違って日本人野手は成績が悪いので、そうとう買いたたかれる(足もとを見てくる)はず。

そうなると国内球団への移籍も十分にありえます。

10月29日の時点で、宣言残留を認めている西武にくわえて、楽天、ソフトバンクが獲得を宣言しました。

ソフトバンクに移籍したら非常に脅威。

ケガの多い柳田外野手をファーストにまわして、秋山選手がセンターを守ることになると思います。

パリーグからパリーグへの移籍なので、環境の変化は少なく、今年と同程度の成績を残すでしょう。

日本ハムファンの私にとって、ソフトバンクにだけは行ってほしくないです。

秋山選手は神奈川県出身。

横浜創学館高から八戸大、2010年ドラフト3位で入団。

  • 2017年   首位打者
  • 2015、2017年~2019年   最多安打
  • 2015、2017年~2019年   打率3割越え

プロ野球を代表するヒットメーカーです。

すばらしい成績にもかかわらず、秋山選手の年俸が低すぎる。

ひょっとすると西武は、日本ハム、広島よりもケチな球団かもしれません。

プロ9年の間で……………

  • 3割越えが4回
  • 規定打席到達が8回
    (2012~2019現在も継続中)
  • 20本以上の本塁打が3回
    (2017~2019現在も継続中)

それにもかかわらず、2019年の年俸は2億3400万円。

「同い年」「同じ年に入団」のソフトバンク柳田悠岐選手は5億7000万円。

その差は2倍以上。

………あまりにも違いすぎます。

プロ11年間の、秋山選手と柳田選手の主な成績を比べてみました。

【打率3割越え】
秋山   4回         柳田   5回

【規定打席越え】
秋山   8回         柳田   5回

【本塁打20本越え】
秋山   3回         柳田   3回

2人の成績について、さほど変わりありません(本塁打については、秋山は「20本越えが3回」で、柳田は「30本越えが3回」なので、その点は大きく異なるが)。

これで年俸が「倍以上」も離れているのはかわいそうです。

去年2018年12月、秋山選手はカンボジアで野球教室を開く。

このときは、FA権を行使した広島丸佳浩外野手、チームメイトの浅村栄斗内野手の話題でもちきり。

それにひっかけて「丸選手、浅村の年俸が5億~7億に高騰しているのは驚きです。日本はインフレじゃないですか。僕の年俸だけカンボジアですよ」と取材で話したのがニュースでとりあげられた。

本人も西武のケチっぷりを認識しています。

わたしはメジャーリーグとの契約が破談した場合は、古巣の西武ではなく「資金力のあるソフトバンク」または「ふるさとのDeNA」のどちらかに移籍すると予想します。




自己紹介
人物

名前

生年月日

似ている芸能人

職業

学歴

資格(未登録)

身長

体重

恋愛経験

わたしのダメ人生年表

【小学時代は黄金期】

勉強、運動に優れた学年の人気者。

小学6年生で生徒会長になる。

4年生、5年生のとき、2年連続で校内マラソン大会優勝。

環境ポスターで最優秀賞を受賞、県内の新聞に載る。

【中学時代は暗黒期】

太りだして、身長が抜かされる。

クラスで一番のチビデブになる。

スクールカーストが下がる。

「イジられキャラ」になる。

「イジメられキャラ」に下がるのを食い止めるため、率先して「明るいイジられキャラ」を演じる。

勉強をがんばって、頭のいいグループにしがみつく。

ヤンキーと距離を置くことに成功。

イジメを回避する。

【高校時代は絶望期】

県内トップの私立高校に合格。

しかし、周りの学力についていけず自信を無くす。

2カ月で登校拒否。

そのまま高校中退。

【高校中退後】

高校中退、就職氷河期世代もあってか、まともな職に就けず。

無職とフリーターをくりかえす。

朝5時に寝て、昼12時に起きる昼夜逆転生活。

いままで以上に体重が増加して、身長174センチ、体重106キロになる。

父から「他人に迷惑をかけなければ、そのままでいい」といった内容の手紙をもらう。

泣きながら読んだ瞬間、ダイエットを決意する。

3年かけて、最大50キロやせる。

体脂肪率10%~12%を維持。

腹筋はシックスパック。

すこしだけ自分に自信がもてるようになる。

自分を変えるために勉強開始。

宅地建物取引士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士の資格を取得する。

高校中退の人間が宅建、管業の資格を取得したことにいい気になって、司法書士試験にチャレンジ。

………惨敗しつづける。

10回以上、不合格(それ以上は数えていないし、数えたくもない。たぶん20回はいってないと思う)。

【現在】

無職、フリーターをくりかえして数十年。

司法書士試験へのチャレンジを言い訳にして、親のスネをかじりまくる日々。

両親が70歳を超えて、目に見えて衰えが明白。

自分の将来が不安になり、人生を迷走中。

そんなこんなで現在にいたる。

【最後にひとこと】

司法書士受験生のブログのつもりです。

でも書きたいことをテキトーに書くだけのブログになると思います。

ためになったり、面白かったりするブログではありませんが、読みやすいように心がけます。

ひまつぶしに最適???

気が向いたときだけでいいので、お気軽に足をお運びくださると嬉しいです。