司法書士受験生のブログ

挫折と諦めと地獄

パドレス牧田の争奪戦

2019 - 10 - 31

10月30日、パドレスから自由契約になっている牧田和久投手(34)を、阪神が獲得するために調査中であることがわかった(スポニチ)。

今季、パドレス傘下2Aアマリロと3Aエルパソに所属。

「メジャーへの昇格はできなかったが2A、3Aで安定したピッチングをしていた」と阪神は判断。

先発候補の一人として調査中であることを認めた。

牧田選手は2017年オフに西武からポスティングシステムによってパドレスへ移籍。

2018年の成績は
防御率5.40   0勝1敗   2ホールド
登板数27   投球回35

2019年はメジャー登板なし。

2019年のオフ、戦力外通告。

メジャーリーグに渡ったあとケガをして戻ってくる投手が多い中(松坂大輔、和田毅、岩隈久志など)、メジャーでケガをしていない牧田選手はある程度使える計算ができます。

西武、阪神のみならず、他の球団も獲得にのりだすでしょう。

獲得にのりだす球団は………

巨人

何でも欲しがる巨人は、牧田選手の獲得にのりだすはずです。

くわえて、西武、阪神よりも巨人のほうがマッチします。

わたしはアンチ巨人なので認めたくはありませんが、巨人入りするのが一番適してるはずです。

巨人が「中継ぎエース」として牧田選手を獲得すれば、大幅な戦力アップになります。

巨人は先発が足りないように見えますが、後ろのほうがもっと足りません。

先発は山口俊、菅野智之、そこに加えて高橋優貴、桜井俊樹の来シーズンのメドが立ちました(高橋、桜井は投球回100を超えたので)。

後ろは中川皓太以外、メドが立ちません(登板数50以上で、防御率2点台以下は中川投手1人のみ)。

巨人の後ろは不安だらけです。

巨人とくらべて、西武、阪神の後ろは豊富です。

  • 西武の後ろは絶対的守護神の増田達至、中継ぎは平井克典、小川達也の「3人」がいます(登板数50回以上で、防御率2点台以下の投手)
  • 阪神の後ろは絶対的守護神の藤川球児、中継ぎは島本浩也、ジョンソン、ドリスの「4人」もいます(同上)

1人しかいない巨人とは大違い。

西武、阪神は牧田選手を「先発で」起用する予定。

しかし牧田選手は先発には向かず、「中継ぎエース」として使うほうが成功するでしょう。

なぜなら近年のプロ野球界では、アンダースロー、サイドスローの「先発投手」が数年にわたって好成績を収めるのは難しくなっています。

「数年にわたって好成績を収めているサイドスロー、アンダースロー」は、西武平井克典、日本ハム宮西尚生など後ろの投手ばかりです。

サブマリン・元阪急ブレーブス山田久志投手にいわく「研究技術が進んだ近年は、2巡目以降の打席でアンダースロー、サイドスローの投手は打たれやすい」とのこと。

よって阪神青柳晃洋、ソフトバンク高橋礼は、来年は成績が悪化するはずです(今年より好成績を残したらゴメンナサイ)。

さいごに牧田選手が「中継ぎエース」、中日ロドリゲス投手が「抑え」で巨人に移籍した場合、恐ろしいことになるでしょうね。

牧田選手の動向は不明ですが、中日ロドリゲス選手のほうは100%巨人入りが確定です(理由はおカネ)。




自己紹介
人物

名前

生年月日

似ている芸能人

職業

学歴

資格(未登録)

身長

体重

恋愛経験

わたしのダメ人生年表

【小学時代は黄金期】

勉強、運動に優れた学年の人気者。

小学6年生で生徒会長になる。

4年生、5年生のとき、2年連続で校内マラソン大会優勝。

環境ポスターで最優秀賞を受賞、県内の新聞に載る。

【中学時代は暗黒期】

太りだして、身長が抜かされる。

クラスで一番のチビデブになる。

スクールカーストが下がる。

「イジられキャラ」になる。

「イジメられキャラ」に下がるのを食い止めるため、率先して「明るいイジられキャラ」を演じる。

勉強をがんばって、頭のいいグループにしがみつく。

ヤンキーと距離を置くことに成功。

イジメを回避する。

【高校時代は絶望期】

県内トップの私立高校に合格。

しかし、周りの学力についていけず自信を無くす。

2カ月で登校拒否。

そのまま高校中退。

【高校中退後】

高校中退、就職氷河期世代もあってか、まともな職に就けず。

無職とフリーターをくりかえす。

朝5時に寝て、昼12時に起きる昼夜逆転生活。

いままで以上に体重が増加して、身長174センチ、体重106キロになる。

父から「他人に迷惑をかけなければ、そのままでいい」といった内容の手紙をもらう。

泣きながら読んだ瞬間、ダイエットを決意する。

3年かけて、最大50キロやせる。

体脂肪率10%~12%を維持。

腹筋はシックスパック。

すこしだけ自分に自信がもてるようになる。

自分を変えるために勉強開始。

宅地建物取引士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士の資格を取得する。

高校中退の人間が宅建、管業の資格を取得したことにいい気になって、司法書士試験にチャレンジ。

………惨敗しつづける。

10回以上、不合格(それ以上は数えていないし、数えたくもない。たぶん20回はいってないと思う)。

【現在】

無職、フリーターをくりかえして数十年。

司法書士試験へのチャレンジを言い訳にして、親のスネをかじりまくる日々。

両親が70歳を超えて、目に見えて衰えが明白。

自分の将来が不安になり、人生を迷走中。

そんなこんなで現在にいたる。

【最後にひとこと】

司法書士受験生のブログのつもりです。

でも書きたいことをテキトーに書くだけのブログになると思います。

ためになったり、面白かったりするブログではありませんが、読みやすいように心がけます。

ひまつぶしに最適???

気が向いたときだけでいいので、お気軽に足をお運びくださると嬉しいです。