司法書士受験生のブログ

挫折と諦めと地獄

秋山選手の男気と
稲葉監督の選びかたについて

2019 - 10 - 31

西武ライオンズの秋山翔吾外野手が、10月31日の強化試合カナダ戦で右足にデッドボールを受けて途中交代。

試合後、那覇市の病院で骨折と診断される。

侍ジャパンを離れることとなり、代わりに読売ジャイアンツの丸佳浩外野手が加入する。

秋山選手は「途中で抜けるのは無念でありますが、参加できてよかったです。負傷を恐れて辞退したほうが後悔したと思います」の旨のコメントをした。

秋山選手はエライ。

秋山選手は、今オフ海外フリーエージェント権(FA権)を行使してメジャーリーグに挑戦する発表をしている。

普通に考えれば、辞退してもオカシクない。

2009年のWBC大会で招集された元広島東洋カープの黒田博樹投手は、2008年のオフにFAでメジャーリーグに挑戦するのを理由として、参加を辞退している。

あの「男気・黒田」ですら辞退しているにもかかわらず、国際大会に参加した秋山選手の男っぷり頭が下がる。

補足しておくが、黒田選手をディスっているのではない。

わたしはプロ野球選手のなかで、黒田選手は最も大好きな選手の一人である。

ヤンキースとの20億円を蹴って、広島と4億円で契約を結んだときはが涙が出そうになった。

黒田選手ではなく、もし仮にディスるとしたら、秋山選手や丸選手の選び方について稲葉篤志監督に不満を持っている。

もっと若手の外野手を選ぶべき。

成績は丸選手に及ばなくてもよいので、これから期待できそうな若手を選ぶべきである。

もちろん丸選手はすばらしい選手であるが、数日前に日本シリーズで4連敗をして、肉体的、精神的にも疲れがピークの状態だと思う(これはソフトバンクの松田宣浩内野手にも同じことが言える)。

すべての試合がおわったと思って「プロ野球選手としてのスイッチ」も切っているだろうから、ふたたびエンジンがかかるまで時間がかかる。

そこに加えて、そもそも「秋山選手に代わるセンターの代わり」を、前もって準備しておかないのもオカシイ。

ベテラン選手よりも若手選手のほうが順応性は高い。

したがって百歩ゆずって誰かを選ぶのならば、ベテランの丸選手ではなく、もっと若手から選ぶべきだ。

期待できそうな若手の外野手を探してみた。

たとえば………………

  • 広島ロロロロロ西川龍馬
  • 阪神ロロロロロ近本光司
  • DeNAロロロ神里和毅

セリーグのみにかたよってしまったが、パリーグには期待できる若手がいない。

唯一パリーグで「日本ハムの西川遥輝はどうか?」と考えたが、若手と呼ぶには実績がありすぎるので若手の対象外にした。

とくに新人最多安打のプロ野球記録を塗りかえた近本選手なんてオススメだ。

なんで丸選手なのかなぁ………

もっと若手を呼ぶべきだよなぁ………




自己紹介
人物

名前

生年月日

似ている芸能人

職業

学歴

資格(未登録)

身長

体重

恋愛経験

わたしのダメ人生年表

【小学時代は黄金期】

勉強、運動に優れた学年の人気者。

小学6年生で生徒会長になる。

4年生、5年生のとき、2年連続で校内マラソン大会優勝。

環境ポスターで最優秀賞を受賞、県内の新聞に載る。

【中学時代は暗黒期】

太りだして、身長が抜かされる。

クラスで一番のチビデブになる。

スクールカーストが下がる。

「イジられキャラ」になる。

「イジメられキャラ」に下がるのを食い止めるため、率先して「明るいイジられキャラ」を演じる。

勉強をがんばって、頭のいいグループにしがみつく。

ヤンキーと距離を置くことに成功。

イジメを回避する。

【高校時代は絶望期】

県内トップの私立高校に合格。

しかし、周りの学力についていけず自信を無くす。

2カ月で登校拒否。

そのまま高校中退。

【高校中退後】

高校中退、就職氷河期世代もあってか、まともな職に就けず。

無職とフリーターをくりかえす。

朝5時に寝て、昼12時に起きる昼夜逆転生活。

いままで以上に体重が増加して、身長174センチ、体重106キロになる。

父から「他人に迷惑をかけなければ、そのままでいい」といった内容の手紙をもらう。

泣きながら読んだ瞬間、ダイエットを決意する。

3年かけて、最大50キロやせる。

体脂肪率10%~12%を維持。

腹筋はシックスパック。

すこしだけ自分に自信がもてるようになる。

自分を変えるために勉強開始。

宅地建物取引士、管理業務主任者、賃貸不動産経営管理士の資格を取得する。

高校中退の人間が宅建、管業の資格を取得したことにいい気になって、司法書士試験にチャレンジ。

………惨敗しつづける。

10回以上、不合格(それ以上は数えていないし、数えたくもない。たぶん20回はいってないと思う)。

【現在】

無職、フリーターをくりかえして数十年。

司法書士試験へのチャレンジを言い訳にして、親のスネをかじりまくる日々。

両親が70歳を超えて、目に見えて衰えが明白。

自分の将来が不安になり、人生を迷走中。

そんなこんなで現在にいたる。

【最後にひとこと】

司法書士受験生のブログのつもりです。

でも書きたいことをテキトーに書くだけのブログになると思います。

ためになったり、面白かったりするブログではありませんが、読みやすいように心がけます。

ひまつぶしに最適???

気が向いたときだけでいいので、お気軽に足をお運びくださると嬉しいです。